2人と5ワンのたんたん家の日記です
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えらいこっちゃ
2008年08月03日 (日) | 編集 |
大変なことになりました。

ただでさえ、母の入院・祖父母の世話に家事・我が家の預かりっ子含めた6匹のわん達・・・幸姫とアクアは室内徘徊中・・・


そこにまたまたすごい
新入りです。







「目も開いていない、へその緒も付いたままの赤ちゃんワンコ」です。







2日の朝いつものように散歩に行こうと外に出るとご近所さんが「犬が捨てられてた」と。
とりあえずワンズを連れて散歩しながら行くと公園のご近所のお宅の庭先に人と散歩中のワンが・・・ワンがいてはぷーちゃんは近寄れないのでまず散歩を済ましてから再度見に行きました。
すると「あ~、○○さん来てくれたから大丈夫やわ~」と最初に会ったご近所さん・・・
そんな決め付けないで~と思いつつ見ると目も開いていないへその緒も付いたままのワン3匹。
5匹いたそうですが1匹ずつご近所の方が引き取られたそう。
「あんたとこもどう?」と保護した家のおばあちゃん。
「うちには介護の必要なワン含め6匹に人間の介護と看護もあるから~」と話したのですが、そのお宅では「土曜日で保健所休みやから月曜まで連絡できない」「ミルク飲まないねん」(お皿からは無理でしょう~)
こちらではこれ以上は何もしてもらえ無さそうで、このままでは弱って死んでしまうと、たんたんに連絡してから連れ帰りました。
離乳出来たら引き取って下さるという団体さんもいてくださるので心強いのですが、出来るならば施設に行かずにそのまま先の2匹のように家族に迎えていただきたいと思っています。
まだ目も開いていないので将来的な大きさなどは分かりませんが「黒のオス、茶のオス、黒のメスの3匹」です。
昨日から今朝にかけてへその緒が自然にとれたので生後数日は経っているようで、母親の初乳も飲んでいるのか元気です。
先にもらわれた1匹はごく近所の家で病院通いの老犬ちゃんがいるので(まあ、うちにもいるんですけど~笑)とりあえず離乳まで我が家でお預かりすることにしました。
(もう1匹はとても大事にしっかりお世話してもらって元気にしています。)
そして4匹の赤ちゃんワンの人口哺乳となりました。
また我が家のスーパーシニアコンビ(幸姫&アクア)は高齢のためワクチン接種見合わせなのでしばらく赤ちゃん犬は隔離でのお世話です。
人口哺乳は2~3時間置き、夜中も関係なし、大変な上に超大変ですが、あのままでは確実に死んでいた。
生きれても月曜日には保健所・・・どうしても私には見ないフリは出来ませんでした。
「何とかなる」と連れてきてしまいました。
4匹は元気にピーピーないてはミルクを飲んで重なりあうようにして眠り、またズリズリと動き回っています。
ただ今体重は250~280グラムくらいです。
ポンポコのお腹で眠る姿はたまらなく愛しいです、こんな愛しい命を捨てる、それも人気の無い夜中の公園に捨てることの出来る人間が信じられません。
ダンボール箱に入れられていたそうですから間違いなく人の手が関わっています。
飼い犬が産んだ子すべて捨てたのか1匹残して捨てたのか分かりませんが・・・
こんなことの出来る人間になるくらいなら大変でもこの子たちの世話をする人間(他人からみれば変わった人)でありたいと思います。
無事になんとか命を繋ぎ育てたいと思っています。
ご近所や知り合いにも探してもらうつもりですが、時期が来てまだご縁がなければ家族募集もするつもりですのでその際には皆様どうぞよろしくお願いします。
しばらくは「おちび~ず近況日記」になりかと思いますがよろしくお願いします。

我が家の子らはみんな元気にのんびり暮らしております~。

スポンサーサイト
おちびーず
2008年08月14日 (木) | 編集 |
我が家のワンズはみんな元気です。
リビングは幸姫ちゃん対応でほぼ24時間クーラーがかけっ放し(もちろん温度は高めですが)で、ちびとロビンはリビング、幸姫は続きのキッチン、アクアも続きの茶の間でお昼寝です。
ぷーちゃんは寒がりクンなので隠居部屋かリビングの冷風が出てくる廊下、又は庭の真ん中で寝ています。

さて、我が家に舞い込んだ赤ちゃんワンコたちですがみんな元気に成長しています。

5匹で捨てられたワンコのうち1匹は新しい飼い主さんに世話されてすくすく、もう1匹も飼い主さんが見つかりましたが仔犬の世話に不安を持っておられたので5日間ほど我が家であとの3匹と世話をしていましたが、体重も増え、元気になったので飼い主さんがお世話したいとメスの子が引き取られました。
そして我が家に3匹(オス2匹、メス1匹)となりましたが、数日後メスの子(ももちゃんと命名されたそうです)の飼い主さんから「もう1匹お世話するよ」と言っていただき、お言葉に甘えてメスの子をお預けしました。
我が家と目と鼻の先のお宅なので安心です。ご自分の年齢も考えて仔犬を2匹は無理だけど、巣立つまでの世話なら・・・とお考え下さったのです、本当にうれしいことです。
このお宅にも老犬ちゃんがいるのですが大事にされていてこのお宅の子になったももちゃんは幸せです。
それで数日前から我が家はオスの子2匹となっています。
このオスの子たち(仮名・ショーちゃんと茶々)は5匹の中で一番小さかった子たちです。
8月2日の保護時点で232グラムだった2匹(あとの子は250超えてた)が今は500グラムを超えました。
最初の数日間はほぼ2時間おきの授乳、その後3時間置きとなり今は4時間くらいでも大丈夫になりました。
昨日くらいから目が開きかけてきています。あと2日くらいで完全に開くと思います。
だいたい生後2週間で目が開く事を考えるとこの子たちはやはり生後2日くらいで捨てられたようです。
まだまだ2時間おきにおっぱいが必要な時期に捨てられ何時間もミルクが飲めないでいたのでしょう。
これが冬ならば間違いなく死んでいたでしょう。
生後数日の仔犬は32度以上の保温が必要ですから・・。
保護当日は弱っている事もあり哺乳瓶であまり飲めませんでしたが、段々と元気になり上手に吸える様になりました。
ショーちゃんや茶々は特にミルクを飲むのが下手ですぐに鼻からミルクが出てきたり、うつぶせのままでは飲めなくて抱いて口に乳首を含ませてからうつ伏せにしたりしていましたが、今は上手にうつ伏せのままミルクが飲めるようになりました。
お腹はいつもポンポコリンで子狸のようです。
お母さんが恋しい仔犬たちはおっぱいを求めてお互いの手や足などを吸いまわっていました。
が、一番弱いショーちゃんのオチンチンを他の子たちが吸いまくってオシッコが出なくなった時は心配しました。
そのため、ショーちゃんが吸われない様に隔離したりしました。
今はしっかりミルクが飲めるようになったからかお腹がふくれている間はショーちゃんと茶々を一緒にしていても大丈夫になりました。
目も開きかけ、耳もしっかりした形になってきて「犬らしく」なってきました。
足はまだ立たないので「尺取虫のよう」な動きですが、これも少しずつしっかりしてきています。

↑ショーちゃん
 

↑茶々
この子たちが泣き出すとちび隊長が「大変よ~」とおちびたちのいる部屋の前に飛んで行きます。
ぷーちゃんが近づくと「ウ~」(お兄ちゃんは何するかわかんないから来ちゃダメ)と仔犬たちを守っています。
ぷりんちゃんの時にも「育ての母」(子守の母)をしたちび隊長・・・今度も活躍が期待されます!

さっちゃんがDSVへ帰りましたが、これはおちびたちが理由ではありません。
早くからお話していたことです。
愛情をたくさん欲しいさっちゃんには多頭で、しかもケアが必要な子が多い(アクアや幸姫・・)我が家では満足な愛情が得られず(人の介護・看護でも忙しい)、徘徊する老犬たちにもストレスを感じていてそれが限界にきていました。
DSVに帰り、ホテルでのさっちゃんの笑顔の写真を見て寂しいと同時に「やはりこの笑顔をしているさっちゃんが一番可愛い」と安堵したのも事実です。
本当は我が家から幸せへと送り出してあげたかったのですが、残念でなりません。
一日も早くさっちゃんが幸せを掴めるように祈るばかりです。

目が開きました
2008年08月18日 (月) | 編集 |
毎日バタバタしているたんたん家です。
おちび~ずですが、14日の日から目が開き始め16日にはほぼ開きました。
目が開いた日から考えるとこの子たちが生まれたのは7月31日か8月1日くらいでしょう。
2日の朝には捨てられていましたから生まれて本当にすぐに捨てられたのでしょうね。
我が家にいる男子組(ショーちゃん・茶々)、ももちゃんのお母さんがももちゃんと一緒にお世話してくださっている女の子(ミキちゃんと呼ばれています)もたくさんミルクを飲んでスクスク育っています。
体重も700グラム以上になり、「ズシッ」と重くなってきました。
保護時の3倍以上です。耳も開きかけてきています。
足もしっかりしてきていて、「尺取虫」だった動きが犬らしくなり、後ろ足も立ってきています。
お座りの姿勢や後ろ足で首あたりを掻き掻きもしたりしています。
離乳食の準備も始めました。
今日はお皿のミルクを飲む練習をしました。茶々は少しですがしっかり自分で飲めました。
ショーちゃんはバタバタしてまったく飲めませんでした。
離乳は時間をかけてゆっくりが一番なので少しずつがんばっていきます。
生食用の牛肉も注文しました。お肉が届いたら離乳食チャレンジスタートです。

ももちゃんのお母さんもいろんな人に「仔犬がいるよ」と声を掛けてくださっているそうですが「どうせなら良い犬が欲しい」と言う人が多いそうです。
そう言えば私の知り合いでも「仔犬を育ててる」と言うと「何犬?種類は?」と言う人がほとんどでした。
良い犬とは犬種なんでしょうか?純血種が良い犬なのでしょうか?
私は「心身ともに健康な犬」が良い犬だと思うのですが・・・
今のご時世は違うようですね~
でも私の考える良い犬を家族に迎えたいと同じ思いをお持ちの方もきっとおられると思うのでおちび~ずはそういうご家族の元へ送り出したいと思います。

我が家の子らはみんなクーラーの効いた部屋で元気にしています!(笑)


茶々


ショーちゃん


ミキちゃん

おちび~ず 8/25
2008年08月25日 (月) | 編集 |

我が家の「おちび~ず」ですが、とうとう1キロを超え、今日は1100グラムを越えました。
5匹兄弟の中で一番小さく弱っていたこの子たちがこんなに成長してくれてうれしい限りです!!
とは言え、先週はなかなか大変でした。
たんたんの仕事が忙しくてほとんど家にいない期間でしたが、茶々のウンチが軟便というか下痢気味・・・何しろほとんど母犬の初乳が飲めていない状態と予想されるため、感染症なども心配で何度もキャリーに入れて自転車の後ろカゴに乗せ、夜の7時ごろに病院に向かいました。
たいてい頻繁に軟便をするのが夜になってからで、茶々とウンチ持参で通いました。
非常に混んでいる病院のためたいていは3時間くらいかかり・・・でも本犬は待合室でも診察台の上でも診察中もバク睡していました。
あまりによく寝ているので先生が「グッタリしているんですか?」と聞かれるほど・・・「いいえ、寝てるんです」「本当ですね、相当眠いみたいですね(笑)」となりました。
便検査では寄生虫は見つからず、食欲と元気があるならば感染症でもないだろうし・・・と様子をみていました。
途中熱が少しあったりしましたが、数日後には下がり、いただいたお腹の粘膜を保護するお薬をいただいたのでシリンジで飲ませていのですが、軟便もなくなりました。
今度はベンピーなくらいです(笑)
ひどい下痢になったら即入院と言われていたので本当にうれしいです。
まあ、その間も確実に毎日体重が増えていたのでしっかりミルクが身になっていたようですが・・・
やはり生まれてすぐに母犬と引き離されたのも影響があると思います。
本当に可哀想な子たちです。もう1匹のショーちゃんは反対に自分でなかなかウンピを気張れず、なので私が綿棒にサラダオイルをぬって肛門刺激すると出ます(笑)
下痢のおさまった茶々も2日出ないので今日2匹揃って肛門刺激・・・「キャー」「ピー」言いながらなんとか気張れ、立派なモノが出ました。
こちらは一安心。2匹は気張り疲れでその後はバク睡でした(笑)

2匹のプロレス動画です↓


みんち
2008年08月28日 (木) | 編集 |

おちびたちは元気です!
茶々のお腹もすっかり良くなりました。今度はベンピー気味なくらい(笑)です~。
黒いショーちゃんは昨日から自力でウンピが出来るようになりました。
また先日から少しずつ離乳食もスタートしています。
まずミルクをお皿から飲む練習、ドッグミールを食べる練習、生牛肉のミンチを食べる事を始めています。
今日は2匹並んでお皿からミルクを初めて飲みました。
少量でしたがうれしい進歩です。
ドッグミールはあまり好きではなく口元に運ぶと舐めて食べる感じですが、生牛肉ミンチは2匹とも好きなようでお皿からもペロペロと舐めて食べています。
須崎先生の本に載っている手作り離乳食の最初が生牛肉ミンチで仔犬が一番消化しやすいとか。
茶々もショーちゃんも問題なく消化出来ているようです。
今日はそこに卵黄も混ぜてあげました。
ドッグフードをふやかしてつぶしたものよりはるかに手間のかかる離乳食ですが、ぷりんちゃんの時もこの離乳食で始めました。
一度にいろんな食材にお腹がびっくりしないように一つずつ食材をお腹に確認・消化させてあげたいと思います。
将来的にアレルギーのない元気なお腹にしてあげたいですし・・・。
ゆっくり離乳するつもりなので慌てず進めていきたいです。
体重は茶々が1300グラム超え、ショーちゃんも1260グラムになりました。
成犬時には10~15キロくらいになりそう・・・結構太い足をしていますから15近くなるかな~。

サキ検診&ロビン再発?
2008年08月30日 (土) | 編集 |

昨日29日に幸姫とロビンの検診のため京都の病院に行って来ました。
幸姫はプクプクの体・・・体重10.3キロ・・・これ以上太らせてはいけないと言われました。
幸姫がすごい食欲なのでなかなか難しいのですが・・・頑張ります。
すごい頑張ってるね~と。
体のあちこち毛が抜けてきていてアレルギーがあるのかもしれない・・・本当はこまめにシャンプーが一番だけど老犬にシャンプーは命がけ・・・嫌がって興奮しすぎても、気持ちよすぎても「逝っちゃう」可能性があるから・・・。
幸姫は拘束をすごく嫌がるし、ドライヤーなんて絶対に無理なのでシャンプーはまず不可能。
ブラッシングも嫌いなのに・・・濡れタオルでよく拭くということになりました。
「この体じゃ毛を刈るといのもね~」「もうそのまま生えてこないかも」という会話がされました。
まあ、それ以外は元気でまずまずでした。


↑ショーちゃん

↑茶々
おちび~ずは元気です。
ショーちゃんも茶々も自力でなかなか立派なウンピを出せるようになりました~(祝)
茶々はミルクをお皿からかなり飲めるようになりました。
ショーちゃんはお肉をお皿から上手に舐めとります。
今日は「生牛肉にカボチャの茹でたもの」をあげました・・・
カボチャの甘さが気に入ったのか2匹とも争うように食べ、お皿まで舐めていました。
今はちび隊長用の小さいリビングケージに2匹で寝ていてゴハン前には隣のトイレサークルに移動、おしっこした子から室内フリーにしています。
が・・・畳の上でおしっこしちゃう・・・なので今日はたんたんが休みだったのでホームセンターに行って滑りにくいクッションフロアを購入してきて畳の上に敷きました。
これでウンピさんをされたって、おしっこされちゃっても大丈夫です!!
足が滑らないか心配でしたが、全く問題なしでした~ザラザラした表面が畳よりずっと安全です。
これでフリーにしていても安心~。
ご近所さんにお世話していただいている女の子みきちゃんも、早々に家族に迎えられた2匹(女の子と男の子)もとても元気にスクスクと育っています。今日も会ってきました。
早いものでまもなく1か月になります。大変でしたが大きくなってくれました。本当にうれしい限りです。
ちび隊長も子守に活躍中です。
おちびと接触するのはちび隊長だけ・・・社会化に協力してもらっています。
まあ、ちび隊長は「仔犬のミルクや離乳食が目当て」なんですが・・・(笑)
ぷーちゃんもわがまま言いながらあれこれローテーションを組みながら食べています、「わがままおじさん」です~。
 
ロビンですが、実は2~3ヶ月前からどうも再発の気配です。
今まで鼻腔の底が見えていたのですが、タピオカのような腫瘍状のものがモリモリと大きくなってもう底がほとんど見えないです。
少し鼻から息が吸いにくいようですが、まだ気道は確保できています。
検診でも、結構きましたね~と言われ、もう少し様子を見ましょうということになりました。
[READ MORE...]をクリックすると写真が表示されます。

[続きを読む・・・]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。