2人と5ワンのたんたん家の日記です
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お祝い
2008年11月04日 (火) | 編集 |

【祥介とケーキ】

祥介は3日に2回目のワクチン接種に行き、9種混合ワクチン(キャナイン)を打ってきました。
副作用も出ず、食欲が落ちる事もなく元気で・・・元気すぎで安静にさせるのが難しいくらいです。
今日も元気なのでフィラリアの予防薬を投与しました。こちらも問題なしのようです。
祥介が「たんたん家祥介」としてワクチン接種し、証明書にも名前が書かれたお祝いをアクアの16歳の誕生日と一緒にしました。

超簡単ケーキでお祝いです。
本当は今日新しく近所に出来たショッピングセンターのショップでワンコケーキを買おうかな~と思っていたんです。(今風邪引きでしんどくて・・)
でもカットケーキもホールのデコケーキも可愛くないお値段で・・・我が家のように超多頭(それも中型以上ばかり)だとすごい出費に!なのでその場ですぐ「自分で作るわ」となり、トッピング用にカラフルな野菜ボーロとクッキーを買い(100円バイキングにて)作りました。
見た目がアレでもワンコたちには関係ないし、どうせ小さく潰してあげるし(ちびは丸呑みするから)味もぷーちゃんがバクバクだったから美味しかったみたいだし、まあこれでいいかな~と祥介もバクバクでした。

【食べる前に「お手」する祥介。どこかから誰かが覗いてる】
 
預かり日記にアクアの写真も載せていますのでご覧下さいませ。
 
祥介、隔離期間が終わればいよいよ散歩デビューです。

スポンサーサイト
手術です
2008年11月07日 (金) | 編集 |
突然ですが、ロビンの過誤腫が増殖し、明日、手術をすることになりました。
3日ほど前から急激に増殖しだし、あっという間に4年前のような状況になりました。
4年前に手術をしていただいた病院で、午前10時ごろから始まります。
獣医さんからは麻酔のリスクは高いが、ここまで増殖すると何らかの処置をするしかないと言われています。
ロビンももう若くありませんので、確かに麻酔のリスクは高いと思いますが、このまま放置することもできません。
ロビンの生命力に期待しています。

がんばれロビン!!!
 
続きを読むをクリックすると今日のロビンの写真が見られます。
痛々しいですので、見ることができる方のみクリックして下さい。

[続きを読む・・・]
手術終了しました
2008年11月08日 (土) | 編集 |
みなさま、応援ありがとうございました。3時間半の手術が無事終わりました。
ずっとガラス越しに手術の様子を見せていただいていました。
できる限りの腫瘍は取り除いていただきましたが、まだ骨の奥(脳のほう)にもあるかも知れないとのことでした。
しばらくは入院になりそうです。
 

もうすぐ退院できそう
2008年11月11日 (火) | 編集 |
今日、面会に行ってきました。
今週金曜日には退院できそうです。
血液検査の結果もだいぶ落ち着いてきていますが、いま一歩というところです。
でもあとは時間をかけて体調を戻していくしかありません。
早く帰ってきて栄養いっぱいのごはんを食べないとね。

今日のロビンです↓ 

ロビン退院しました!
2008年11月14日 (金) | 編集 |

今日、夕方ロビン退院しました!
若干、貧血気味ではありますが、その他の血液検査の結果もだいぶ良くなってきています。

皆様、応援していただいて、本当にありがとうございました!

久々の更新です
2008年11月23日 (日) | 編集 |
皆様なかなか更新出来ずに申し訳ありません。
たんたんの仕事が月の中で一番忙しい時期で留守が多く(私・あーちゃんには更新が出来ないので・・)、ロビンの事もご心配いただいていると思ったのですがすみませんでした。

さて、退院から1週間が過ぎたロビンですが、まずまず元気です。
出血もほとんど無いですし、今のところ落ち着いています。
お薬の副作用と高栄養のパピー食などを食べているので(先生の指示)若干柔らかめのウンピさんではありますが・・・今日は夕方暗くなってから手術後初めての散歩にも行きました。
暗くなればマスク無しでも人から見られることが無いし、寒いほうがしんどくないようでした。
最近では一番元気にお散歩していました。
月末には京都の病院に検診に行く予定です。
皆様の応援のおかげでロビンは元気になっています。
皆様のあたたかいお気持ち本当にありがとうございます。


また、先日ハッピーの母さんからロビンに素敵なプレゼントをいただきました。
「ロビンが少しでも楽に食事が出来るように」というやさしいお気持ちから「わん卓」をプレゼントしていただきました。
上の写真です
展示品だったお品だそうですがとても良いもので、何よりロビンに合った高さに調節してあげられるので今までよりずっと楽に食事が出来る様になりました。
プレゼントいただいた時に「宣伝目的ではないからご理解を」とお言葉をいただいていますが、わん卓は本当に食べやすそうでこういうお品を探しておられる方もいらっしゃるかもしれませんのでご紹介させていただきたいと思いました。
(アクアもよくわん卓でお水を飲んでいます)本当にありがとうございました。

ハッピーの母さんのブログ

わん卓と、こだわり商品のBitte商店

幸姫も元気です。寒くなりお気に入りのキッチンでの就寝は・・・と思うので夜は2階の寝室に連れて上がり、押入れの下段を利用したスペースにお布団と毛布を敷きそこで寝ています。
押入れも外壁側ではないのでそんなに寒くないんです。
ここで寝るのは去年の冬以来2回目、冬季限定です(暖かい時期は嫌がるので)。
全面毛布なので必ずフワフワで寝ることが出来ます。
もう少し寒くなったら電気毛布付となります。
先日一度夜中にあれっ?と思うニオイがしたので起きてみると幸姫がウンピさん踏み踏み祭りを開催中でした!!
寝る前に踏ん張っていたのですがなかなか出なくて・・・なので出たようでした。
それ以外はしっこもウンピさんも失敗なしです。
たいてい幸姫はしたくなるとウロウロガサガサするので気がつくのです。
その日はどうも寝ていてそのまま出ちゃったみたいな状態でした。
体調が少し落ちるとオシリにも影響があるようです。
それでも元気元気で来月には我が家に来てまる2年を迎えます。
2006年の年末に「2007年のお正月は迎えられない」と言っていたコが2007年・2008年のお正月を迎え、あと2か月ほどで2009年のお正月を迎えようとしています。
すごいです、是非今年も一緒に年を越したいです。

ぷーちゃんは「寒い寒い」時期になり、服を重ね着したりしていますが元気元気で時には祥介を遊びに誘ったりしています。
ぷーちゃん、夕方のご飯が終わると「もう僕は寝ます」といった風に階段の下へ行くので階段前のゲートを開けてあげるとスタスタと2階の寝室に上がり孤独を愛しながら寝てしまいます。
ぷーちゃんの就寝時間は「午後6~7時」です。子供やお年寄りより早寝のぷーちゃんです。
朝は幸姫よりは少し早い8時過ぎくらいには起きますが、上りの階段は平気ですが下りがコワイようで(目がほとんど見えてませんから)最近は抱っこして下ろしています。
15キロありますから重いといえば重いですが18キロあった若かりし頃もよく抱いていましたから平気です。
力持ちなあーちゃんです!

ちび隊長は祥介の良き先輩・おねえさんで遊び相手をしてくれています。
母性本能の強いコなので本当に良くやってくれています。
だからこそ「ちびちゃんは特別!」とちびとの時間を大切にしています。
このところ寒くなりちびはコタツの中にいることが多いのですが、祥介はすぐに私の膝に上がってきて丸くなって寝ます。
それをずっと見ていたんでしょう、先日コタツから出てきてるな~と見ていたら祥介が伸びをして私の膝からズリ落ちるやいなや私の膝に上がってきたちび隊長・・・ますます可愛くなりました。
今はチビちびコンビ仲良くコタツの中にいます。

祥介ですが、ワクチン接種後の隔離期間も過ぎ、無事に「お散歩デビュー」しました。
まだ10日足らずでお散歩が楽しくて楽しくて「ズンズン走り、引っ張りんぼ」です。
人の犬も大好き!!構って欲しくて仕方ありません。
元気200倍、でも音に敏感で寒がりで甘えんぼも100倍くらいです。
現在は夜は個室に置いた大きなケージ内で就寝、朝になったら出します(ケージ内でトイレはしなくなりました)。
祥介のお部屋のトイレか庭で排泄を済ませ、朝ご飯はお部屋で(その間にぷーちゃん達の散歩)、それからお散歩後は1階・庭フリーでいます。
私が出かけない限りフリーですがトイレの失敗もほぼ無くなりました。
リビングや茶の間にいても自分の庭か自分のお部屋のトイレかオトナのコのトイレ部屋のトイレへ行っています。
オトナのコのトイレは教えていませんが自分から使用を始めました。
なかなか賢いです(親馬鹿)。
夕方ご飯も朝と同じパターンで、その後フリー、夜食を食べてトイレを済ませたらケージでおやすみなさいです、朝まで大人しく寝てくれます。
まだまだ甘噛みするし、何でも噛みますし(スイッチの入っていないコタツのコードを噛み千切りました。
なので今年は祥介がフリーの時間はコタツは電気を点けず、コードは外しています・・寒い・・(我慢)大変ですが頑張って子育てしています。
生後100日を迎え、体重も7キロ超えてきました、ドンドン大きくなっています。
手のひらにすっぽり収まった体重230グラムが懐かしいです。

てんやわんや、バタバタなたんたん家ですが、お陰様でみんな楽しく暮らしています。
更新は亀足なたんたん家ですが、よろしくお願いします~

では最後に、ちびと祥介の動画をどうぞ↓

ありがとうございます
2008年11月25日 (火) | 編集 |

今日は幸姫の検診に行ってきました。京都まで行くことを考えると姫路までだとかなり幸姫の体力的にも楽なようです。
検診でもまず問題なしというか現状キープ、次回の検診時に血液検査しましょうと言われ今回は無し、お薬をいただいて帰ってきました。
フィラリアの予防薬を貰うために祥介も同行しました。
体重計に乗ると「なんと体重8.3キロ」・・・まだ4ヶ月弱なんですが~どこまで大きくなるのでしょうか・・・
まあ、元気に心身ともに健やかに育ってくれれば良いのですが・・・・
「あと400グラムで祥介がちび隊長の体重を追い越します!!」
「ちび隊長が我が家一番のちびっ子に戻るのはあと何日後か・・・?」

先日の動画で庭に大きな犬小屋があるのに気がつかれましたでしょうか。
この犬小屋はお隣の事務所の社長さん宅で飼われていたゴールデンくんのお家としてご主人が手作りされたものなんです。
ゴールデンくんは先年10歳ちょっとで亡くなり、その後ミニチュアダックスを飼っておられ、このお家は主無しでした。
それを「要らないか?」と聞いてくださり我が家にいただきました。
我が家の子は室内飼いですが日中はほぼ自由に庭で寛いでいるのでセカンドハウス?にと。
するとこの大きなお家を一番愛用しているのが「祥介」です。
お気に入りの玩具を中に持ち込んでは遊んでいます。ちびも時々一緒に入って遊んでいます。
この子たちにはずいぶん大きいんですが・・・ロビンはコワイのか全く入りません。
祥介へのうれしいプレゼントになりました。

ロビンへいただいた大きなプレゼント・わん卓は先日写真をアップしましたが、本当に良い感じで食べやすそうです。
「下を向いて食べると傷口が痛いのでは」とご心配をいただいたりしているのですが、先生によると「痛みはないだろう」とのこと。
パックリ穴が開いているのも痛くはないようです。
ただ、冷気に触れるとクシャミが出るような状態になったりはします。
また、再発・手術前は鼻や口が詰まった状態でかなり食べにくそうでした。
術後はまたウエットや手作りも食べられるようになっていましたが、やはり下を向いての食事は吸い込みにくい感じでした。
ワン卓のお陰で斜め下を向く感じで食事が出来るのでとても楽なようです。
とても素敵なプレゼントをいただきました。

私へのプレゼントもいただきました。
わん卓と一緒にハッピー母さんからインドネシア製の可愛いミニチュアの飾りをいただきました。


また、ロビンのマスクをボランティアで作ってくださったSさんが茶々の事を知られ、私の励ましにとお手製の素敵なバッグをプレゼントしてくださいました。
ロビンの退院のお迎えに早速持って行きました。
また明日祥介が一日体験「子犬の保育園」に行くのでその保育園バッグ(おやつやフード、トイレシーツなど持参)として活躍予定です。


皆様からの温かい応援・励ましのお言葉や私たちへの応援メッセージのこもったプレゼント、本当に感謝しております。
皆様からの優しいお気持ちのお陰で、11月16日(猫ののんちゃんの命日)11月18日(茶々の49日)も何とか過ごす事が出来ました。
本当にありがとうございました。
今週末にはロビンの検診に京都に行く予定です~。



ロビンがんばれ
2008年11月30日 (日) | 編集 |
昨日の土曜日、ロビンの検診に行ってきました。
診察室に入るなり先生が「最悪の結果でした」と・・・。
手術後の病理検査の結果が出ていました。結果は・・・

「骨肉腫」(鼻腔内原発の骨肉腫)との診断でした。
(採取組織の大部分は壊死組織であったが、ごく一部で不整な類骨、骨梁形成を伴う異型な非上皮性細胞の増殖が見られることから骨肉腫と診断する)

おそらく4年半前に手術した「骨組織過誤腫」は増殖しないで良い状態を保ち年月を過ごしてきましたが、ここにきてそれが一気に悪性に転じたのだろうということでした。
実際手術後、1週間は鼻腔内もきれいで出血もほとんどありませんでしたが、2週間目に入ると血鼻が出始め、今ではほとんど常に出ている状態です。
そして取れるだけ取りきっていただいたのにもう増殖してきています。
ただ、骨肉腫となると手だてといえば放射線治療くらいで、それも骨肉腫では効果はほとんど期待出来ないだろうと。
顔に出来ているのですぐには肺転移はし難い(体に出来る分はすぐに転移するそう)、しかし脳への転移は免れないだろうと・・・。
とりあえず抗生剤と止血剤、体調が崩れてきた時用にステロイドをもらい、何かおかしければすぐに先生に相談することになりました。
そして、そのうち食べられなくなるからそれまでに出来るだけ体力をつけるよう太らせるように言われました。
今ちょうど30キロなのですが35キロまで太らせるように更に高栄養の食事をたっぷりあげることになりました。
食べられなくなったら体力が一気に落ちるからと・・・。
4年半前から命のタイムリミットのある子だと覚悟していました、皆様にはずいぶんショックな結果だと思いますがロビンは人間で言う20年近く長生きしてきました。
あとどれくらい時間があるか分かりませんが、効果がないだろう治療の副作用で苦しむより、少しでも楽に時を過ごせたらと願っています。
ここ数年でずいぶん私たちも強くなりました。ここで泣いてばかりいても何も始まらないのでとにかく毎日を頑張って過ごしていきたいと思います。
まだロビンは食欲もありますし、自分で食べています、まだまだ頑張ってくれると思います。
皆様温かく見守ってくださいますようお願いいたします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。