2人と5ワンのたんたん家の日記です
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プルプルと
2009年11月04日 (水) | 編集 |
一昨日は預かりにゃんこのアイくんの去勢手術でした。
朝アイくんを連れて行き、夕方お迎えに行くのに合わせて祥介のワクチン接種もしてきました。
ちょうどピッタリの時期だったので・・・(先日当分病院行き無しと言ってましたが祥介のワクチンがありました)
祥介を連れて病院の待合室に入った途端・・・

祥介がプルプルと震え出しました~「えっ、祥病院コワイの~?」
抱っこしても落ち着かないし大変。
春の狂犬病注射の時も平気だったのに~
どうしたんでしょう??

祥介~君はこの病院の供血犬登録もしてるんだよ!がんばれ!たんたん家の未来の星!!


↑星?






スポンサーサイト
ご報告・・・
2009年11月06日 (金) | 編集 |
本日は皆様にご報告があります。
我が家の家族が増えることになりました。

もちろん「シッポの家族」です。

新しい家族になるのはアニマルメリーランドさんからの預かりにゃんこアイくんです。

アイくんは生後1ヶ月くらいで我が家にやってきてまったくご縁の無いまま約半年預かり生活でした。
2日に去勢手術を済ませましたが、その際にウイルス検査も行いました。
そして「FeLV(猫白血病)陽性」が分かりました。
目も開かないうちに保護されたアイくんですから母子感染に間違いないでしょう。
また生後6ヶ月に入ったくらいと考えられるので再度検査しても陽性である可能性が強いです。
ロビンがお世話になっていた京都の先生(猫先生と呼ばれています)に電話でしたのですがやはり「アウト(キャリアということ)でしょうね」と言われました。ただ骨髄進入期である可能性もあるのでIFA検査をしてみるののもいいかもというお話でした。
私もIFA検査をすべきか尋ねたくて電話したのですが、その話も丁寧にしていただけました。
そして「キャリアでもみんなが発症するわけじゃないし、たんたんさんところならストレスない良い環境でしょう」と話されました。
アイくんにはこの半年まったくご縁・お話がありませんでした。
手術日に希望者さんが見つかったのですが、先住ニャンコさんがいるということで白紙になりました。
今後もご縁掴むのはかなり難しいでしょう。
病気の種を持っているだけで発症するかどうか分からない今の元気なアイくんは他の子たちと何の変わりもありません。
病気の種を何も持たない子だってある日突然病気になる可能性だってあるし、キャリアの子が元気に過ごす可能性だってある。
病気の子だって好きで病気になったんじゃないし、病気の種をもっているんじゃない。


たんたんと私は「もしWキャリアで誰からも声がかからないならうちに居ればいいよね」と話していました。
結果FeLV陽性・・・今まで「アイくん、こんなに大きくなっちゃってどうしようね~」と今後が心配で悩んでいましたが、この結果を知った私たちは「じゃあ、うちに居ればいいよ」と気が楽~に!
私たちは天邪鬼なのか?病気とか病気の種と知ると張り切っちゃうんですよね~

アニマルメリーランドの代表さんに電話して正式譲渡のお願いをしましたところ、快くOKしていただけました。
譲渡書類はまだですが、今日からアイくんは我が家の息子です。
1匹で2階の個室暮らしはさびしいかな~とも思い、同居猫(もちろんキャリアの)も考えましたが、猫は本来単独行動、もう6ヶ月になるアイくんですし、相性が合わなくてそれがストレスになるかもしれないことなどもあり、アイくんには個室暮らしで祥介がお部屋に遊びに行ったり、アイくんが茶の間に遊びに来りの今まで通りになります。
寒くないようにニャンコこたつも購入しました。
以前、ヴァイにゃんにもコタツを用意したらそれは気に入ってずっとお篭りでした~
アイくんはまだ慣れないようですがそのうち入ってくれるでしょう。
アイくん部屋には小さな置くタイプのキャットタワーしかなかったのでつっぱり式の大きなキャットタワーも注文しました。
これで1匹でもそれなりに楽しんでくれるかな~だといいな。
これ↓



アイくんはその目の大きなところからアイくんと仮名を我が家でつけました。
正式に我が家の子になる今日、「愛くん」(愛称は愛っこ)になります。
祥介の弟として、みんなに可愛がられて愛されるように・・・

アイくんはたんたん家の愛くんとして暮らしていきます。
FeLVの種が発症するかどうかは分からない。
発症したってみんなで一緒に頑張ればいい。
頑張れるだけ頑張ったらいい。
みんな一緒ならいい・・・こわくない。

愛の誕生日ですが、我が家に来た時点で生後約1ヶ月ということだったので、5月半ば生まれだと思われるので5月14日としました。
その1ヶ月前の4月14日は我が家の長男ぷーたろうの誕生日、運命の出会いをした日であり、ロビンが保護されて生死をかけた手術を受けた日でもあります。
我が家にとって色々と感慨深い日の1ヶ月後を誕生日としました。

たんたん家のシッポの天使たちをこれからもよろしくお願いします。



愛「よろしくお願いいたちます」







相変わらず
2009年11月07日 (土) | 編集 |
今日も我が家の天使たちはみんな元気です~
祥介は相変わらず張り切って毛布の天日干しをしています(笑)
誰も頼んでいないのですが、祥介はワンコベッドの毛布を咥えては「ブンブンブンブン」と振り回し、「コラ~」という私の声も無視して毛布を引きずって庭へ走り、庭の真ん中に持って行ってしまいます。
祥介によって天日干しされた毛布はフカフカかもしれませんが(?)土だらけ、そして祥介が咥えて振り回した場所に穴が開いてしまいます・・涙
我が家の毛布とバスタオルの多くに穴が開いています・・・
夜になって寒くなってきたようで、祥介はちび姉さんにくっ付くようにして寝ています。


ぷーちゃんは重ね着して大きなワンコベッドで安眠中です(祥介が寝ている時は安全なのです)
我が家の子になって2日目のアイくん改め愛くん・愛っこは今日も元気200倍でお部屋を走り回っています。

愛っこですが、1ヶ月くらい後にIFA検査をするつもりです。
IFA検査で陽性と出るかによって今後の予想?が少し出来るようになるし・・・
IFA検査で陰性と出ればキャリアのまま元気で過ごせる可能性が少し高くなるかな~

まあ、陽性と出たって我が家には何も変わりませんが、今後の注意点なども分かるようになるしと思っています。
(IFA検査で陽性と出ると発症の可能性がかなり高くなると言われています)
同居猫さんのいるお宅ではキャリアの子を飼うのはなかなか難しい(隔離とかあるし)かもしれませんが、ワンコや人に感染はしませんから同居猫さんがいないお宅ならキャリアの子も何の問題もありません。
私たちも祥介やちびも普通に仲良く暮らしています。
ぷーちゃんがにゃんこが駄目なことと、目の悪いぷーちゃんとの諍いを避けるため(万一ぷーちゃんの目に爪が当たったりしないように)、そして我が家の玄関ドアは日中たいてい開放されているので脱走防止もあり、愛っこは2階の個室暮らしです。
玄関常時開放でないお宅ならばワンコと同居もまったく問題ありませんよ。

お空の上から「のんちゃん」が「ついにボクのお家にニャンコ家族が出来たんだね~」と見守っていてくれるような気がします。
2004年11月16日にお空へ還っていった天使のんちゃん・・・もうすぐあの日から5年・・・5年前の今頃は体調も良くて「そろそろ退院出来るかな」と猫先生からお話をもらって喜んでた頃・・・懐かしいです。
のんちゃん、2年我が家にいたヴァイにゃんと仲良くしているのかな~ヴァイにゃんも見守っていてね。








愛くん部屋
2009年11月15日 (日) | 編集 |
先日、注文していたキャットタワーが到着しました。
夜間配達指定していたのに午前中に着た・・・と思ったら2個口の1個しか持ってきていなかった配達のおじさん。「また後で持ってきます」だって・・・オマケのクッションだけが先に着た。
そして夜になっても待てども配達なし・・・で、電話したら「荷物が大きいから積めていなかった」とか何とか・・
「え~、大きくても荷物配達してよ~飛脚さん!」
夜もふけた頃やっと配達されました。

そして2人で組み立てました~
じゃ~ん、愛っこのお部屋公開です~にゃんこコタツにキャットタワー、お部屋全開にする時用のケージに窓にはステンレス網戸に脱走防止つっぱり棒(この2つはヴァイにゃんの時からですが)でにゃんこ部屋らしくなりました。




最近時々コタツにも入っています。キャットタワーの最上部にはまだ上がれないようですがそのうち上がれるようになるでしょう~まだ6ヶ月ですからね。
祥介はキャットタワー見て恐がるんじゃないかと思いましたが(ビビリんちょなので)平気でした。
ただタワーの3段目くらいから祥介めがけてジャンプし突撃した愛っこには驚いていました。
愛っこ・・・まったく祥介に負けていませんからね~ちび姉さんにも対等です。
祥介の弟は祥介に似て?ハイパワーっ子です。まあ、元気が一番ですけどね~







のんちゃん
2009年11月16日 (月) | 編集 |
今日は我が家のニャンコ初代の「のんちゃん」の命日です。
5年前の11月16日朝7時頃、それまで40日間病院で輸血・手術にも耐え、頑張りに頑張り抜いたのんちゃんは天に還って行きました。
保護した翌日に入院してそのまま・・・我が家に帰ることは出来ませんでした。
ただ私たちが最も信頼している先生がその腕の中でのんちゃんを見送っていただけたのが救いでした。
孤独に旅立ったのではなかったのですから。
あれから5年、ずっと「家に帰って来れなかったのんちゃん。猫家族はのんちゃんだけだよ」と思っていました。
それも理由の一つでヴァイにゃんを家族に迎えることは出来ませんでした。
あの頃はまだ「のんちゃんだけ」の思いが強かったです(特に私が)。
今ならヴァイにゃんを家族に迎えられたと思うのですが、その私の気持ちに余裕が出来た今、愛っこが2代目家族にゃんこになりました。
「もう5年、良いよね、のんちゃん」
のんちゃんは一度も家に家族として過ごすことが出来なかったから余計なかなか猫を迎える気持ちが出来なかったんです。
たとえ1週間でも一緒に暮らせていたらもっと前向きに考えられたのでしょうが。
のんちゃんは4歳過ぎていたのに一番太った時で2.3キロしかありませんでした。
だから今も愛っこを抱くたびに「ああ、のんちゃんは軽かった、半分くらいしかなかった(愛は4キロ近いので)と考えてしまう私がいます。
きっといつまでものんちゃんは私にとって特別な猫でしょう。今こうしていても泣けてきます。
でも今はお空の方が我が家の家族が増えているので(のんちゃん・アクア・ロビン・幸姫・・・地上家族はぷーちゃん・ちび・祥介・愛)さびしくないですよね、きっと・・・。

のんちゃん、たんたんパパはのんちゃんの命日を覚えていないけど許してあげてね。
のんちゃんの命日だけじゃなくアクアもロビンも幸姫ちゃんも忘れられているからね~ぷーちゃんたちの誕生日も忘れているんだよ~覚えているのは「8月1日」という分かりやすい祥介の誕生日だけなんだよ~
でもね、私はちゃんと覚えているからね。
のんちゃんが正式にウチの子になったのは11月15日これも覚えているからね。
みんなの誕生日も命日も覚えているからお空のみんなにも安心してと伝えてね。
大好きだよ、のんちゃん。
もしかして愛っこはのんちゃんの生まれ変わりかな~?茶トラじゃないから分からなかったけど、そうなら嬉しいな~

いつまでも覚えているよ、愛しているからね、のんちゃん。











合同
2009年11月22日 (日) | 編集 |
水曜日までパパ留守家族のたんたん家です~
たんたんが居ないと夜は2階の寝室ではなく1階の茶の間が定番になっている今日この頃・・・

「だって祥介とくっついて寝れるんだもん!」
たとえソレガが原因でずっと風邪気味だったとしても。
寝室で一緒に寝れば?とたんたんは言うけど、せっかく寝室ではバリケンに自分から入るのに、私が甘えさせてバリケン嫌いになったら困るし(やっぱりバリケンに慣れているのは良いことだし)、
出して~」と鳴くようになったらかわいそうだし。
でも1階では私が在宅中にケージに入れることはまず無いので「茶の間で添い寝はOKなのです」
すっかり寒くなってきたので夜になると茶の間の私の座っている座椅子の右側(コタツの中)にちび隊長。
左側にはくっ付くように祥介が寝ています。
そして寝るときには私の右腕の中(腕枕で)ちび隊長。左にピタッとくっつくように(時には腕枕も)祥介。
夜中にゴソゴソと動き出したかと思うとムギュムギュと私のお腹を押すように上に上がり、クルクルと回るとお腹(布団)の上で丸くなる祥介・・・一度寝ると1時間は少なくとも動きません。こうして私は日々腕とお腹を鍛えています。でも痛くても、しびれても、重くても・・・「命の重さ・あたたかさは嬉しい!たまらなく愛しい」です。ただ、難点は朝起きるときにこれをされると起き難いんですよね~ずっとこうしていたくて。

今日の祥介のレッスンはいつもの公園で他のわんちゃんと合同でした。
初めて会うバーニーズちゃんに大興奮の祥介でしたが「他のわんちゃんがいても飼い主さんが淡々といつものレッスンをこなしていけばワンコも落ち着いてくる」というトレーナーさんの言葉を頭に出来るだけ落ち着いて「私が!」頑張りました。
するとやはり祥介も落ち着いてすごく頑張りました。
トレーナーさんにもすごく良い感じでしたよと言ってもらえました。
バーニーズちゃんとお母さんは初めての場所でいつもと感じが違うので戸惑われていましたが、他の方とトレーナーさんのレッスンの様子を見学するのもすごく勉強になりました。
「ああ、私もよくあんな風にいっぱいいっぱいになってるんだ~」とか、いっぱいいっぱいの時にトレーナーさんの言う言葉は頭では理解出来ているけど余裕ナシのために実際出来ないとか・・・
また次の機会には祥介と別の場所にも行きましょうと言われているので、「いかに私が淡々と出来るか。失敗を恐れず出来るか」が一番の課題です~頑張るゾ~!!

レッスンの最後にバーニーズちゃんとふれあいタイム。
祥介は自分よりずっと大きいバーニーズちゃんにも何のためらいも無く「ねえ、ねえ~」と超フレンドリー。
慣れてくるとチョイチョイと相手の体に手をかけたりしてました。
トレーナーさんも「祥ちゃんは皆兄弟だもんね」と笑顔。
そしてふれあいタイムにそれぞれの親が呼び寄せる練習も。
バーニーズちゃんが興奮しているとトレーナーさんの「当てて」の声でお母さんが投てき。投てきを見た祥介は「あのおばちゃんも投げるんでつか??」とビックリ顔。
「だからこの組み合わせなんです~」とトレーナーさん。
テンション高いワンコ合同訓練だったみたい(笑)
犬慣れしていないバーニーズちゃんということでしたがさすが「超社交犬・祥介」まったく問題なしでした。
おまけにあちらが投てきする度に私は「おしまい」でフリーにしていてもピタッと横についてきて可愛かったです、さすが内心ビビリちゃんです。
すごくいろいろ勉強出来たレッスンでした~。
さあ、明日も「あーちゃん・祥介コンビ」で頑張ろうっと。














書き忘れ
2009年11月23日 (月) | 編集 |
昨日の日記では公園での祥介が良い子だったようになっていますが・・・書き忘れただけです!
ええ、かなり良い子で、頑張っていたんですよ~

あの時までは!!



最初公園の広場には私たちだけでしたが、10時過ぎると少しづつ人が増えてきました。

小さな女の子とお父さんが祥介のそばに来たときも頑張っていました。
興奮することもなく、ちゃんと私の指示通りしていました。
お父さんも女の子に「わんちゃんはお仕事してるんだよ」と話されていました。
良い感じ~と思っていたのですが、そのお父さんがカバンの中から何かを取り出しました。
赤くて黄色くて丸い・・・

「アンパンマンのぬいぐるみ」

ご存知ですよね~アンパンマンは丸いボールのような頭で赤と黄色が鮮やかな・・・
そしてお父さんはそのアンパンマンをお子さんに見せてブラブラと振って見せ・・・空に投げたのです!!

その時、フセで利口に頑張っていた祥介の理性は吹っ飛びました。
ええ、その親子に向かって爆走です。
祥介は子供が少しこわいので飛びついたりせず、親子の周りを距離を保ったままグルグルと回っていたんです。
トレーナーさんは「それは祥のオモチャじゃない」と思わず口に出しちゃいました。
私とトレーナーさんが「来い」と呼んで・・・何とかトレーナーさんの元に戻ってきました(私じゃなかった・・グスン)

祥介の今一番のお気に入りは黄色いボールの下にタコの足がついているようなオモチャと赤と黄色の綿入りボール(人間の子供用・・アンパンマンの絵つき)なのです。
お父さんが振ったアンパンマンの手足はまさにタコの足のようにヒラヒラしていました。
あ~あ、うまくいっていたんだけどな~
その後、青いサッカーボールを持った人が来ましたが無視、バーニーズちゃんが持ってきていたテニスボールを貸してくれたんですがそれも無視。
祥介はどうやら綿入りのやわらかそうな大き目の赤と黄色のボールを選んでいるようです。

なかなかそううまくはいかない祥介と私のコンビです。

祥介にとって(私にとって?)アンパンマンは要注意人物になりそうです。
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。