2人と5ワンのたんたん家の日記です
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たんたん帰宅
2009年04月01日 (水) | 編集 |
ロビンですが今日も頑張っています。精一杯「今」を生きています。
たんたんが仕事を片付けて今晩帰ってきました。
日曜まで休み無しでしたが明日休みにしてきたそうです。
明日はロビンの大好きなパパが一日そばに居てくれます。ロビンもうれしいでしょう。

ロビンはリビングのベッドとその横に敷いた布団の上で横たわっています。
元気な間はリビングケージの中で寝ていました。元気な間はすぐに顔に盛り上がった壊死組織の部分を掻いたり、クシャミした時などに盛大に壊死組織が飛び散り、出血しあたりが血まみれになるのでフリーにさせられませんでした。
ロビンだけならそれも可能でしょうが我が家には目のほとんど見えていないぷーちゃんや徘徊祭りの幸姫、何でも口にする祥介など(ちびは上手に近寄らないので被害は無いと思う)血まみれになったり壊死組織を食べたりしそうな子が多いので仕方ありませんでした。
こういう時には「1匹か2匹くらいで大事にしてもらえる家の子だったら良かったのにね」と思ってしまうこともありますが誰からも声が掛からなかったのも事実・・・ロビンには我が家しかなかったんだ、我が家で良かったんだと思うようにしています。
でも食べられなくなったロビンにはもう手足で顔を掻くことは出来ません。そしてどんどん壊死組織が盛り上がって掻かないことやクシャミをしないことなどから固いカサブタ状態になっているのであたりに血が飛び散ることや壊死組織が飛び散ることも無いのでケージから出して寝かせています。

幸姫やぷーちゃんは分からずにロビンの寝ている布団の上に上がって血まみれになりそうな時もありますがその時その時救出しています。
買い物など留守番時は幸姫は2階の寝床に、ぷーちゃんは庭において出かけています。

ちびは何かを感じているのでしょう、一番繊細な子ですから・・・ロビンに近寄りません。
祥介は要注意で、少しでもロビンの壊死組織が落ちていたりすると口にして食べてしまいます。
あんまり何も感じないのか新しもの好きな祥介はロビンの寝ている布団に興味深々でロビンのそばに寝ていることが多いです。
おそらくロビンの顔のニオイが気になるのでしょう。
ニオイを嗅ぎまわっています。

ロビンはもうトイレに立つことも出来ないので寝たままオシッコしています。
状態の良い時には顔の前にお皿を出すと自分で飲んでいます。飲まされるのは拒否です。

ただもう他のものは嫌なようです。何をどのような状態であげようとしても拒否ります。

口から常時出血もしているので気持ち悪いんだと思います。私だったらそこまで拒否するくらい食べたくないのに無理やり食べさせようとして欲しくないのでロビンにも出来ません。口の中も本当にひどい状態です。
病院の先生からも「いつか食べられなくなる。食べられなくなったら・・・」と言われてきました。
ガンならば放射線治療などの方法もありますが、ロビンの骨肉腫の状態では放射線治療も効かない、負担が大きいということでしませんでした。
ロビンの先生は「私の犬だったら・・」といつも考えて診察されます。
その先生がしない方がいいと言われたので私達も同意見でした。今も後悔はありません。
ロビンはもう十分頑張ってくれましたから。
今も口からは出血していますが、パパに撫で回されてうれしくて尻尾を振っていました。


今晩もロビンが少しでもゆっくり眠れますように・・・。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
明日ロビンは大好きなパパを独り占めして甘えるんでしょうね。ロビンはたんたん家に来て1番の幸せをつかんだんですよねwだからこうして奇跡が起こせてるんですもんね。まだまだ行かないでほしいけどつらい・痛いがあれば解放されてほしいし・・・。たんたんさん今まで以上にロビンをなでなでしてあげていてくださいねwパパの手のぬくもりで痛さがなくなるかも。そうやんね?ロビンw
2009/04/01(水) 23:32:06 | | べてぃこまま #GCA3nAmE[ 編集]
ロビン。。本当の手当てだね。。パパとママの手当てだね。
私の住む町は昨日から急に冷え込み、みぞれや雪。
今朝は、満開の桜に雪が積もってた。
病わんや老わんには、辛い冷えなんだよね・・
ロビン・・って、空に祈ったよ。
優しい家族に守られて良かったね。
大家族の下へ来るべくして選ばれたロビンに万歳。
その都度、ロビンを想えばこその選択肢。
全部が愛だもの。正しいに決まってる。
2009/04/01(水) 23:46:50 | | 華アルママ #-[ 編集]
ロビン君は幸せだと思います。Rさん達の載せたロビン君を見て、ご夫妻共に号泣されたと聞いていました。
そして預かりさんになられて‥ロビン君の性格のは勿論、大きな子が怖い隊長がロビン君は大丈夫だったとか、色々、ロビン君だったから大家族の仲間入りもできただろうし、何よりご夫妻の動物への深い愛情、お人柄をロビン君は見抜いたんだとも思います。
こちらで拝見した、たんたんさんのお膝で甘える写真が目に浮かびます。大好きなんでしょうね。愛してる。
そんな状態でも、撫で撫でされたら尻尾フリフリのロビン君。
なんて愛らしいというか切ないというか愛しいんでしょうか。。
ラブラドールのオッターテール、フリフリされるとたまりませんもんね。
ロビン君、ゆっくり寝んねして、明日は(今日)
パパとラブラブしてね。
しつこいけど、もう一度、何か食べてくれたらと願ってます。
奇跡の子ロビン君。
又食いしん坊に戻って。
2009/04/02(木) 01:07:19 | | 岡田です #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。